広州奮闘記

自力で食えるようになるまでの日記です

ヤフオクとメルカリ

商品を売るためにヤフオクとメルカリを研究してた。メルカリで服が中々売れなかった苦戦してたけどネットで記事調べて対策打ったら徐々に売れるように。

 

・メルカリ

→商品画像の1枚目に全力

→出品する時間帯(朝、夕方、深夜)

→送料無料

→プロフィールに自己紹介文を乗せる

→タイトル(13文字目までに集中)

→商品説明を丁寧に。

※何日以内の入金、ノークレームノーリターンとかはプロフィール欄に書くのがいいと思う。

 

以上、重要だと思われるものから並べてみた。まだまだ研究の余地があると思う。やり方を思考錯誤して商品が売れたときは嬉しいし、その度合いはヤフオクよりメルカリの方が大きい。

 

 

5/7 着物買い付け  サイト通販・決済方法

Amazonpayが毎月2000円かかると

個人事業だとLINEPAYはNG。

 

 

内部SEOを少しやった。

まだまだ穴がありすぎて正面から自分のサイトを見れない。

まずは決済方法を確立しなければ。イプシロンの審査をパスして。

 

着物買付。客層の8割が欧米人だった。

原宿表参道オリエンタルバザー

 

明日は表参道から戻ってから、サイト構築本に沿ってSEO対策。

5/6 サイトSEO対策

検索結果のタイトルが「オススメ商品」になってしまう。これをサイト名に変更したい。

 

 

今日は通販サイトのSEO対策。SSLオプションも付けた。

GMOSEO対策紹介ページをそのまま模倣、Googleコンソールにサイトマップを登録したけどGoogleにクロールされない。時間置かないとダメなんだろうか?

https://shop-pro.jp/manual/xml_sitemap_edt

 

明日やること。

Googleコンソールの続き(クロールされるまで)

site:tktxnumb.jp

・決済方法の設定

https://shop-pro.jp/manual/payment_lst

・商品ページにクリームの使用方法を追記

Gmailの下書き

・ネットで調べてSEO対策を手当たり次第に

5/5 らんま1/2

今日はほとんど仕事してない。追跡番号の管理表をEXCELで作って、ヤフオクの注文を1件処理。あとはずっと図書館とbookoffで「らんま1/2」を読んだだけ。久々に読んだらんまは、今読んでも全然古くささを感じない。普通に声を出して笑った。深センで知り合ったバッテリーを研究してる40代の中国人のおばちゃんは日本の漫画で「犬夜叉」が一番好きだと言ってた。もちろん、らんまとめぞんも好き。初めて会ったときは車を出して深センの街中を案内してくれて、夕食もご馳走になった。「遠くから来た人を歓迎するのは中国式のおもてなしですよ」と言ってた。週明け中国語センセーで知り合った家庭教師の先生と会う段取りを組んだ。一歩ずつ前進。生きてる。

5/4 作業日記 amazonアカウント閉鎖

今日は1回も外に出てない。

 

今日やったこと

・服の販売=0枚

わろてんか総集編 2H (NHK)

・通販サイト特定商取引の内容を編集

Amazonアカウントの再会作業

→NG完全閉鎖。別アカウントで出品再開できるか?を問い合わせ中。

 

わろてんかNHK朝ドラマ15分のつもりが総集編でそのまま2時間。面白かった。言葉が京都弁から大阪弁っぽく徐々に変わっていく感じがした。NHKの朝ドラの出る女の子は魅力的に見える。監督が良いのだろうか。

 

サイト構築。特定商取引の文面が一通り終了。あとはデザインとSEO。カラーミーの有料契約とオプションでSSLの追加。SEOももっと勉強しないと。一日中パソコンいじってると気が滅入る。徐々に作業時間が短くなってる。あと商品の売れ行きがそのままやる気と連動する。

 

Amazonで販売を開始する。大口アカウントでカタログに新規登録、広告をかけて売り出すまでの流れを経験したい。

 

明日やること

https://seotaisaku.co/seo/shop-pro-seo

開かれた対話

フィンランド発祥の精神療法「オープン・ダイアローグ」(毎日、一定の時間、会話する※wiki)がひきこもり症状にすこぶる有効とのこと。「ああしろ(指示)」「これがいい(説得))」を用いず、対話を通すことでひきこもってる人の自主性や自発性を促すのだとか。

 

たまにカウンセリングを勉強した人と話していて「誘導されてるな」と感じることがある。あの答えが用意されて、それに誘導されてる感覚が自分にとっては嫌だった。そう考えると相手とフラットな関係性で行う対話は、信頼関係を築くのにいいんだと思う。

 

>「働け」と、ひきこもりを「説得」しても無駄なのは、指示や説教が当事者の力を奪うからだ。

https://t.co/A9IBVHwCQM

酒乱の人

>こういう人には、ビデオに撮って酔った醜い姿を見せてあげると、かなり効果がある。いくら家族から「ひどい」と言われても信じないからね。うちの親もそうだった。父は私が書いたエッセイを読んでびっくり仰天、初めて自分の酒乱ぶりを自覚したらしい(40年も自覚せんで生きてきたところがすごい)。

アルコールと病気--TOKIOの会見を観て(田口ランディ)
https://note.mu/randyt/n/n823619dca9fb

 

酒乱の知人が2人いる。1人は深酒をしたら暴言を吐いたり暴力的に。昔からそうらしいけど特に周りが年上で気を使う場面だと緊張からそうなりやすいのだという。当の本人は全く記憶がない。昼間は礼儀正しくて気持ちいい人だけに酒乱のときの印象を残してしまうのは本人にとって勿体無いと思った。人が離れてしまう。

 

もう1人の知人は酔っ払ったら多少スケべになって卑猥な単語を大声で出すタイプ。元々本人のキャラもあってギリギリ愛嬌で済ませられるレベルだったけど、先日久しぶりに会ったらその症状も収まっていた。変な酔い方をしなくなった。本人にそのことを伝えたら「無理/我慢をしなくなったなぁ」と。確かに僕が知ってるときよりも怒りっぽくなっていた(僕は良いことだと思う)。彼は今は人生がすごく楽しいと言ってた。肚の中と体裁とのギャップを減らしたら酒乱を少しはマシにできるかもしれない。